ハリは化粧品の成分に左右されます|肌質にあった商品を選ぼう

肌の弾力を支える真皮

線維芽細胞の活性化が重要

笑顔の女性

朝、起きた時やメイク中、夜の洗顔後などに肌のたるみやほうれい線が気になり出したら「お肌のハリ対策」をはじめてみましょう。肌のハリや弾力は肌の中の真皮という層が支えています。真皮は主にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸によって構成されています。このような真皮内の成分を生成しているのが線維芽細胞という肌細胞です。肌のハリ対策にはこの線維芽細胞を活性化させることが重要となります。線維芽細胞を活性化させる成分にはレチノールやナイアシン、ビタミンC(誘導体)、トリペプチド、プラセンタエキスなどがあります。これらの成分が配合された化粧品を使い線維芽細胞を刺激しコラーゲンなどの成分の生成を促すことで肌のハリを生み出すことができます。また、併せて保湿化粧品を使用し、しっかり保湿を行うことがハリのある肌を保つ上で大切です。

真皮を構成する3成分

真皮の主な構成成分であるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸にはどのような特徴や働きがあるのでしょうか。コラーゲンは真皮の約70%を占めるタンパク質でできた線維組織で内部に網目状に張り巡らされています。伸縮性はあまりありませんが強靭で真皮の構造を支えています。同じく線維組織であるエラスチンは弾力性に富み、網目状のコラーゲンを束ね繋ぎ止める役割を果たしています。ヒアルロン酸は保水性に優れたゼリー状の成分でコラーゲンとエラスチンが作る網目構造の隙間を満たし安定させる働きを担っています。コラーゲンなどの成分は体内で生成される他、化粧品などで補給することができます。しかし、分子が大きいためこれらの成分は浸透性が低く肌深部での効果は薄くなってしまいます。ですから肌のハリ対策には化粧品などによる外側からのスキンケアや補給に加え、肌の内側からもケアを行い必要な成分の生成を促すことが重要となります。ハリを取り戻す効果のある化粧品は、ドラッグストアで買うことができます。これらは多くの種類があり、それぞれ成分が異なります。そのため、自分の肌質に合うものを購入することが大切です。どれを買うか悩んだときは、店員に訪ねてみましょう。丁寧にそれぞれの効果を伝えてくれます。また、自宅の近くにドラッグストアがないという方は、通販サイトで購入するのもいいでしょう。